• 教室紹介
  • 研究/教育概要
  • スケジュール
  • スタッフ
  • データセンター
  • 研究業績
  • リンク
  • Facebookページ 東北大学大学院 医学系研究科 医学統計学分野

東北大学大学院 医学統計学分野

医学統計学(生物統計学、医療統計学などとも呼ばれます)とは、基礎・臨床・疫学といった医学研究において、どうデータをとるか(調査計画・実験計画)、どう解析するか(統計解析)の方法論を提供する応用学問です。日本では医学研究に関わる統計家の数が欧米と比べて極端に少なく、本分野は医学統計学が学べる数少ない教室の一つです。

教室紹介を見る

ニュース

2021年度!情報更新しました.

※スケジュール更新は最新日時分のみ表示しています.
●2021.04.23
勉強会 スケジュール」を更新しました。
*2021年度スケジュールを新たに掲載スタートしました。ご参照ください。
●2021.04.21
抄読会(分野打ち合わせ)スケジュール」を更新しました。
*4/21の抄読会アブストラクトも追加しております。ご参照ください。
●2021.04.20
当分野 博士課程 近藤の論文が『Ther Innov Regul Sci』に掲載されました。
Evaluation of Data Errors and Monitoring Activities in a Trial in Japan Using a Risk-Based Approach Including Central Monitoring and Site Risk Assessment. Hidenobu Kondo, Tomoaki Kamiyoshihara, Kenji Fujisawa, Toshiaki Nojima, Ryohei Tanigawa, Hisataka Fujiwara, Hideki Suganami, Yukikazu Hayashi, Takuhiro Yamaguchi. Ther Innov Regul Sci, Published 19 April 2021.


●2021.03.24
『医学統計学分野送別会 2021.3.24』の開催報告です。
●2021.03.24
抄読会(分野打ち合わせ)スケジュール」を更新しました。
*3/24の抄読会アブストラクトも追加しております。ご参照ください。
●2020.03.15
抄読会(分野打ち合わせ)スケジュール」を更新しました。
*2021年度スケジュールの掲載をスタートしました。ご参照ください。
●2020.12.03
当分野 博士課程 山田の論文が『Clinical Trials』に掲載されました。
Clinical trial monitoring effectiveness: Remote risk-based monitoring versus on-site monitoring with 100% source data verification. Osamu Yamada, Shih-Wei Chiu, Munenori Takata, Michiaki Abe, Mutsumi Shoji, Eri Kyotani, Chiyo Endo, Minami Shimada, Yuko Tamura, Takuhiro Yamaguchi. Clinical Trials, First Published 1 Dec 2020.
●2020.09.30
9/6(日)『Remember Girl’s Power!!2020』を共催開催しました。
東北大学 医学統計学分野は本企画共催。5周年となる今回、コロナ禍の状況を鑑みて初のオンライン開催となりました。今回の寄附先は『一般社団法人AYAがんの医療と支援のあり方研究会(AYA研)」です。
ご参加いただいた皆様はもちろん、ご協力・ご支援いただきました関係各位の皆様、改めまして厚く御礼申し上げます。 おかげさまで大変盛況な会となりました。詳しくは上記表題リンクよりご覧ください。
●2020.09.30
東北大学 医学統計学分野 博士課程 小田拓馬 が行った『機械学習を用いたデータ標準形式の変換に関する研究』がSAS社のユーザー事例として紹介されました。
●2020.09.16
東北大学病院 臨床試験データセンター 高田宗典特任講師が、
SCDM2020 Virtual Conference(2020.9.13-16)において、最優秀eポスター賞受賞しました!
●2020.07.10

【緊急企画】『7.18 ソーシャル・アイドルnotall と学ぶ新型コロナウイルスのこと』が開催されます
7/18(土)20時よりYouTubeライブ配信にて開催!当分野 山口拓洋教授 も進行役として登壇予定です。立場、世代を超えて新型コロナウイルスを知り、安全・安心のため、どのように行動すれば良いかを考えるWEB配信イベントです。たくさんの皆さまにご参加いただけますと幸いです。関係各位の皆さま、ご協力・ご支援の程よろしくお願い申し上げます。(*詳しくは上記表題より;外部リンク)

●2020.07.03
『医学統計学分野 オンライン懇親会』を7月3日(金)開催しました!
●2020.05.14

ライブ配信プログラム『− Against New Corona Virus − 今だから考える「がん」のこと on the web : What We Can Do Now for the FUTURE !!』を共催開催します
東北大学 医学統計学分野は、5月16日(土)・23日(土)開催予定である本企画の趣旨に賛同・共催しております。当分野 山口拓洋教授 も登壇予定です。たくさんの皆さまにご参加いただけますと幸いです。関係各位の皆さま、ご協力・ご支援の程よろしくお願い申し上げます。(*詳しくは上記表題より;外部リンク)

●2020.04.22
勉強会 スケジュール」を更新しました。
*2020年度スケジュールを新たに掲載スタートしました。ご参照ください。
●2020.04.15
患者や医療・医薬現場ニーズに即した新たなePRO「3H P-Guardian」の提供が開始されました。
当分野の山口拓洋教授も当システム開発に全面協力しています。患者、医師・研究者の皆さんのご協力のもと開発された、患者・研究者ファーストで、高齢者でも使いやすいインターフェース、アラートなどの見守り機能、国際標準スケール及びその入力許容範囲を設定できる安価でフレキシブルなePROシステムです。 プレスリリース記事(外部リンク)もぜひご参照ください。
●2020.04.01
スタッフ紹介」を更新しました。新メンバーとして、修士課程2名が加わりました。
●2020.04.01
抄読会(分野打ち合わせ)スケジュール」を更新しました。
*2020年度スケジュールの掲載をスタートしました。ご参照ください。


●2020.02.27
2/13(木)日本臨床試験学会 第11回学術集会総会主催 トーク&ライブイベント「Remember Girl's Power !! Spin Out Program『統計的確率、奇跡なんて起こらない』ってホントなのか?」を共催開催しました。
東北大学 医学統計学分野は、本企画を共催。当日の寄附は、小児がん・AYA世代(15歳〜39歳)のがん、臨床試験の啓発を目的としたチャリティーライブ『Remember Girl's Power !!'20』の開催経費に充当されます。 ご参加いただいた皆様はもちろん、ご協力・ご支援いただきました関係各位の皆様、改めまして厚く御礼申し上げます。 おかげさまで大変盛況な会となりました。当日の会場風景・開催報告などにつきましては、こちらをご参照ください。(*上記表題より;外部リンク)
●2020.02.19
抄読会(分野打ち合わせ)スケジュール」を更新しました。
*2/19の抄読会アブストラクトも追加しております。ご参照ください。
●2019.12.23
当分野 博士課程 弘田の論文が『Clinical Pharmacology & Therapeutics』に掲載されました。
Hirota,S.and Yamaguchi,T.(2019), Timing of pediatric drug approval and clinical evidence submitted to regulatory authorities: International comparison among Japan,the US,and the EU. Clin.Pharmacol.Ther.. Accepted Author Manuscript.
●2019.12.20
ディープ・ラーニングを用いた乳房エコー画像の自動判別は、正確で低負担な乳がん診断に有用である
当分野の山口拓洋教授らの研究グループは、SAS Institute Japan株式会社の「SAS® Viya®」を利用し、人工知能の核となるディープ・ラーニングを用いて乳房エコー画像内の腫瘤を識別する診断支援システムを開発しました。 東北大学および東北大学大学院医学系研究科・医学部にもプレスリリース(12/20付)が掲載されております。ご参照ください。
●2019.12.18
日本臨床試験学会 第11回学術集会総会主催 トーク&ライブイベント「Remember Girl's Power !! Spin Out Program『統計的確率、奇跡なんて起こらない』ってホントなのか?」を共催開催します
東北大学 医学統計学分野は、2020年2月13日(木)開催予定である日本臨床試験学会 第11回学術集会総会主催である本企画を共催させていただきます。当日の寄附は、小児がん・AYA世代(15歳〜39歳)のがん、臨床試験の啓発を目的としたチャリティーライブ『Remember Girl's Power !!'20』の開催経費に充当されます。皆様のご参加をお待ちしております。関係各位の皆さま、ご協力・ご支援の程よろしくお願い申し上げます。
●2019.12.02
『臨床試験における新たな品質管理手法に関する共同研究』のご案内です。
●2019.11.29-30
『第三回OB・OG会兼研究会』の開催報告です。
●2019.10.29
当分野の 山口 拓洋 教授 が共同研究者として参画する、聖マリアンナ医科大学 臨床腫瘍学講座 の ePRO・センサー体重計を用いた BALAST試験(栄養指導を受ける胃がん患者の体重減少およびQOLを調べる観察研究)について。クラウドソリューションを提供するMedidata社のプレスリリースです。ご参照ください。
●2019.10.11-13
『第12回国際薬剤疫学会アジア会議・第25回日本薬剤疫学会学術総会』の学会報告です。
●2019.10.05-06
『第43回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会』の学会報告です。
●2019.09.29-10.02
『SCDM2019 in Baltimore,USA』の学会報告です。
●2019.09.06-09
『WFUMB2019 in Melbourne,Australia』の学会報告です。
●2019.08.24-28
『ICPE2019 in Philadelphia,Pennsylvania,USA』の学会報告です。
●2019.07.05
『第2回 東北大学医学統計学分野懇親会 in東京』の開催報告です。
●2019.05.20
『東北大学医学統計学分野懇親会in東京』の開催報告です。
●2019.05.10
チャリティーライブ『ONCOLO LIVE(Remember Girl's Power!!'19)』を共催開催します
東北大学 医学統計学分野は、9月1日(日)開催予定である、小児がん・AYA世代(15歳〜39歳)のがん、臨床試験の啓発を目的とした女性アーティストによるチャリティーライブ『ONCOLO LIVE(Remember Girl's Power!!'19)』の趣意に賛同し、共催させていただいております。たくさんの皆さまにご参加いただけますと幸いです。関係各位の皆さま、ご協力・ご支援の程よろしくお願い申し上げます。
●2018.05.08
勉強会 スケジュール」を更新しました。
*2019年度スケジュールを新たに掲載スタートしました。ご参照ください。
●2019.04.17
『2019年度 新入生歓迎会』の開催報告です。
●2019.04.01
スタッフ紹介」を更新しました。新メンバーとして、博士課程1名・修士課程2名が加わりました。

過去のニュースを見る

研究/教育概要

医学統計学分野で行っている
主な研究テーマ・講義内容の紹介

スケジュール

抄読会(分野打ち合わせ)/勉強会の年間スケジュール

スタッフ

医学統計学分野のスタッフ紹介。
研究室メンバー・OB/OG・進路のご紹介

データセンター

医学統計学分野は、東北大学病院臨床試験推進センターの統計・データ管理部門を兼担。多様な共同研究を行っています。

研究業績

医学統計学分野の主な研究業績
論文/著書/学会発表をご紹介

リンク

医学統計学分野と関わりが深いWebサイトへのリンク集